エクセルの関数、使い方を解説
エクセル@まるわかり辞典
スポンサードリンク
スポンサードリンク

エクセル バーコード

エクセルでバーコードを作成

アクセスを使ってのエクセルバーコードの作り方です。

エクセルのコントロールボックスを開きます。

エクセルを起動→上部にある「表示」から「ツールバー」を開く→コントロールツールボックス

という手順になります。

 

次に、「コントロールツールボックス」のカナヅチのアイコンをクリック→リストが開きます。→リストの中から[Microsoft バーコードコントロール9.0]を選択し、ダブルクリックします。

 

バーコードのデザイン(オブジェクト)が表示されますので、必要に応じてデータにリンクさせたり、バーコードの種類を変更していきます。

変更の仕方は、バーコードの位置を変更するには、マウスを左クリックしながらドラッグし、変更。

バーコードのサイズを変更するときは、プロパティの値で変更することがベストです。

 

エクセル バーコード


エクセルでバーコードを作る。

Excel(エクセル)でバーコードを作るには、まず、Access(アクセス)のコントロールのひとつであるバーコードコントロール9.0を利用していきます。

他にも、バーコード作成ソフトがありますので、まずはそれらをインストールしていきます。

 

たとえば。。。

「エクセル(excel)バーコード革命」

「MiBarcode」

「easyQR」

などがあります。

 

エクセル バーコード

 


サイトご案内
【エクセル@まるわかり辞典】
-----------------------------
☆使える!と思った方は
ランキングへ!
エクセル@まるわかり辞典は、あなたのお役に立ちたいと願うブログです。あなたの1回のクリックで、もっともっと便利なブログに変わっていきます。

-----------------------------
☆運営ポリシー

エクセルが使いこなせればパソコンのおもしろさは、ぐんと拡がります。

エクセルを覚えたい方や
「こんなときどうすればいいんだっけ?」など
エクセルで困ったときでサポートできるサイトを目指しています。

お気に入りに入れて、どんどん活用してください!

My Yahoo!に追加

エクセル@まるわかり辞典

お気に入りに追加