エクセルの関数、使い方を解説
エクセル@まるわかり辞典
スポンサードリンク
スポンサードリンク

エクセルの使い方

フォントサイズの変更【エクセルの使い方】

タイトルや補足など、セルに入力する文字は、一定ではありません。大きくした、小さな文字にしたりすることで、メリハリ感のある読みやすいデータになります。

文字の大きさは、書式設定ツールバーの「フォントサイズ」で変更します(エクセルの初期設定では「11」のサイズになっています。)

「▼」をクリックして一覧からサイズを選択し、文字の大きさを変更できます。

 

エクセル使い方


文字の書式変更【エクセルの使い方】

エクセルで文字を入力する場合、まずはフォントを設定します。フォントとは、文字の書体のことです。

エクセルの初期設定では「MS Pゴシック」となっています。

エクセルで、フォントを変更するには、書式設定ツールバーの「フォント」で設定します。「▼」ボタンをクリックすると、フォントの一覧が表示されますので、その中から使用したいフォントをクリックするとフォントを設定できます。

エクセル使い方


エクセルの使い方【文字列の折り返し】

メニューバーの「書式」「セル」「セルの書式設定」「配置」「折り返して全体を表示する」 でセルの幅で折り返して表示されます。

 

エクセル使い方


エクセルの使い方【セル中で改行する】

長い文字列、数値の入力で、セル中で改行する場合は、セルの改行したい位置を選択し、[Alt]+[Enter]キーを押します。

セルの高さが倍になり、入力ができるようになります。

エクセル使い方


エクセルの使い方【データの入力】

文字列は、最大32,000字

数値は、15桁まで入力できます。

数値、文字を入力しても、######と表示された場合は、セル幅の足りない場合です。列ヘッダーの右境界をダブルクリックすると、その列のセルで一番長い、データにあわせて列幅を自動調節できます。

エクセル使い方


サイトご案内
【エクセル@まるわかり辞典】
-----------------------------
☆使える!と思った方は
ランキングへ!
エクセル@まるわかり辞典は、あなたのお役に立ちたいと願うブログです。あなたの1回のクリックで、もっともっと便利なブログに変わっていきます。

-----------------------------
☆運営ポリシー

エクセルが使いこなせればパソコンのおもしろさは、ぐんと拡がります。

エクセルを覚えたい方や
「こんなときどうすればいいんだっけ?」など
エクセルで困ったときでサポートできるサイトを目指しています。

お気に入りに入れて、どんどん活用してください!

My Yahoo!に追加

エクセル@まるわかり辞典

お気に入りに追加