エクセルの関数、使い方を解説
エクセル@まるわかり辞典
スポンサードリンク
スポンサードリンク

エクセルの使い方

シートの操作方法 エクセルの使い方

エクセルシート

エクセルのシート間の移動操作方法は、各シートの見出しをマウス操作で、クリックします。使用するシートを、いちばん前面に表示して、編集します。使用しているシートは、シートの見出し部分が白くなり、前面に表示されることになります。

 

エクセルシート移動

次に、複数のシートが並んでいる場合、全部のシートが下部に表示しきれない場合があります。この場合、シートの見出しが並んでいる一番左側に、矢印のボタンが並んでいます。矢印の左右いちばん端の矢印をクリックすると、それぞれ、左側、右側のいちばん端のシートを選択出来ます。

左右のいちばん端からひとつ内側の矢印をクリックすると、表示しているシートのそれぞれ、左となり、右となりのシートへ移動することができます。

 


エクセル使い方の基本となる「セル操作」について

セルを移動させるには、マウスを使ったり、キーボードの矢印を使ったりしてできますが、キーを打っている最中に、いちいち手を離し、マウスや矢印を操作するのは、非効率的です。

そこで、Tab、Enter、Shift+Tab、Shift+Enter を使い、セル移動をします。

Tab→右方向にセルがひとつ移動

Enter→下方向にセルがひとつ移動

Shift+Tab→左方向にセルがひとつ移動

Shift+Enter→ 上方向にセルがひとつ移動

覚えておくと、キーからいちいち手を離さずに、キー操作で、セルの移動が出来ます。


エクセルの有効桁数

Excel 2002では、Excel では、格納したり計算に使う数値の有効桁数15桁です。とあります。

エクセルで、有効桁数の15桁を超えてもエクセルの計算は実行され、例えエクセルでの計算結果が15桁以上になっても、先頭から15桁までは正しい数値が入り、16桁目以後は0が表示されます。

 

エクセル 使い方


エクセルで計算

エクセル、四則計算します。

演算記号は、足し算が「+」、引き算が「-」、掛け算が「*」、割り算が「/」です。

足し算、引き算、掛け算、割り算の四則演算だけで、エクセルで簡単な表が作れます。

エクセルで計算するには、計算する順序を間違わないことです。

割り算は、0 除算エラーになる可能性があります。

掛け算と割り算が先で、足し算と引き算は後という算数の基本ルールは、エクセルでも同様です。

エクセルの、計算式にも( )を使います。

エクセル 計算


エクセルでプルダウンリストを作る

エクセルのプルダウンとは、住所録の都道府県名など

あらかじめ入力するデータが決まっている場合に、プルダウンリストを設定しておくことで、キーの入力の手間が省け、プルダウンリストから簡単に選択入力ができるというものです。

<エクセルでプルダウンを設定する方法>

1、リストにするデータをエクセルに入力します。この場合、表から少し離れた位置に入力します。

2、プルダウンリストを作成したい列を選択し、データ→入力規則をクリックします。

3、データの入力規則ダイアログボックスの設定タブから入力値の種類→リストを選びます。

4、データの入力規則ダイアログボックスの元の値に、リストにしたいデータを書いたセルの範囲を指定します。

元の値の枠内をクリック→プルダウンにしたいリストを選択し、OKをクリック。

これで、プルダウンリストができあがります。

 

エクセル プルダウン


エクセル パスワードの解除【読み取り専用を解除】

読み取り専用ファイルのパスワードを解除する方法

「スタート」メニューから、「プログラム」→「アクセサリ」→「エクスプローラ」 をクリック。


「エクスプローラ」→ファイルが保存されているドライブまたはフォルダを開く。

ファイルの名前をクリック。


「ファイル」 メニューの「プロパティ」 をクリック→「全般」 タブをクリック→読み取り専用」 チェック ボックスをオフにします。

エクセル パスワード解除


ファイルの保護【エクセルの使い方】

秘密のファイル、内容を改変されたくないファイルの保護するには、パスワードを設定しておきます。

エクセルのパスワードは、読み取りパスワードと書き込みパスワードの2種類があります。


・読み取りパスワードは、ファイルを開く際にバスワードを入力しないとファイルを開くことが出来ません。
・書き込みパスワードは、ファイルを開いて表示編集作業は出来ますが、上書き保存を行えない状態になります。元のファイルを変更されたくない場合に使用します。


読み取りパスワードを使う場合は、パスワードがわからないとファイルを開くことができなくなりますので、必ずパスワードをメモなどして、忘れないようにしましょう。

<ファイルのパスワードの設定方法>

「ファイル」「名前を付けて保存」を選択→「ツール」メニュー→「全般オプション」を選択。


「保存オプション」ダイアログボックスの「ファイル共有」グループの「読み取りパスワード」または、「書き込みパスワード」を入力して「OK」。


確認のために、「書き込みパスワード」あるいは「読み取りパスワード」を再度入力し「OK」ボタンを押す。

エクセル使い方


ワークシートの扱い【エクセルの使い方】

エクセルでは、複数のワーク シートを使います。

エクセル起動すると、下に 3 枚のワーク シートがあります。

ワークシートの移動は、マウスでクリックすればできます。

メニューの 「挿入」/「ワークシート」を選ぶで、ワーク シートを増やせます。

また、例えば Sheet2 と書いてある箇所でマウスで右クリックし、削除 を選べば、簡単にワーク シートの削除ができます。

ワーク シートの順番を入れ替えるには、Sheet2 と書いてある箇所をマウスでクリックしたままにすると小さな 「下向きの矢印」が表示されます。

この状態で左右にドラッグすると、ワーク シートの入れ替えができます。

 

エクセル使い方


セルの結合【エクセルの使い方】

縦方向や横方向の複数のセルをひとつにまとめているケースがあります。

セルの結合といいます。

まとめたいセルの範囲をドラッグし、選択します。

ここで、マウスを 「右クリック」 して表示されるメニューから、

 「セルの書式設定」「配置」 を選ぶ→「文字の制御」として 「セルを結合する」を選びます。

すると複数のセルをひとまとめにできます。 

エクセル使い方


罫線を引く【エクセルの使い方】

エクセルのシートで、罫線を引きたいセル範囲を選択します。

選択した範囲内で右クリックします。

表示されたショートカットメニューから「セルの書式設定」を選択し、クリックします。

表示された画面内の「罫線」タブをクリックします 。

罫線を設定するには、まず、線の種類を選択します。スタイルから選択し、罫線を引く位置を決めれば、罫線を引くことができます。

 

エクセル使い方


サイトご案内
【エクセル@まるわかり辞典】
-----------------------------
☆使える!と思った方は
ランキングへ!
エクセル@まるわかり辞典は、あなたのお役に立ちたいと願うブログです。あなたの1回のクリックで、もっともっと便利なブログに変わっていきます。

-----------------------------
☆運営ポリシー

エクセルが使いこなせればパソコンのおもしろさは、ぐんと拡がります。

エクセルを覚えたい方や
「こんなときどうすればいいんだっけ?」など
エクセルで困ったときでサポートできるサイトを目指しています。

お気に入りに入れて、どんどん活用してください!

My Yahoo!に追加

エクセル@まるわかり辞典

お気に入りに追加