エクセルの関数、使い方を解説
エクセル@まるわかり辞典
スポンサードリンク
スポンサードリンク

エクセルVBA

エクセルマクロをvbaで編集するとき、やりはじめのころは、間違えることがあります。エクセルマクロのvbaを使いこなすには、簡単にいえば、「慣れ」るだけです。

エクセルマクロは、vbaの記述に誤りがあれば、正常に作動しません。

ただし、エクセルマクロのvbaは、間違いがあるときは、間違いを防止、発見する機能があるのです。

「エラーメッセージ」と「デバッグ」という機能がそれで、この機能を利用することで、エクセルマクロのvbaも、効率よく覚えていくことができます。


エクセル vbaとは

VBAとは「Visual Basic for Application Edition」の略で、エクセルの操作や処理を自動で行うための専用の言語です。もとは「Visual Basic」。

「Visual Basic」をベースに作成した「マクロ」を使うことによって、非常に効率よく作業を行うことができるようになります。

VBAで作成したマクロを使うと、以下のようなことができるようになります。


1、何度も繰り返しの必要な作業をワンクリックで実行、作成ができる。
2、エクセルの操作を扱いやすいようにカスタマイズして効率よく作業ができる。
3、複雑な公式などを知らなくても簡単に使える「アンケート集計システム」「データベ ースの構築」「フォームを使ってデータ入力」などが作成できる。


サイトご案内
【エクセル@まるわかり辞典】
-----------------------------
☆使える!と思った方は
ランキングへ!
エクセル@まるわかり辞典は、あなたのお役に立ちたいと願うブログです。あなたの1回のクリックで、もっともっと便利なブログに変わっていきます。

-----------------------------
☆運営ポリシー

エクセルが使いこなせればパソコンのおもしろさは、ぐんと拡がります。

エクセルを覚えたい方や
「こんなときどうすればいいんだっけ?」など
エクセルで困ったときでサポートできるサイトを目指しています。

お気に入りに入れて、どんどん活用してください!

My Yahoo!に追加

エクセル@まるわかり辞典

お気に入りに追加