エクセルをもっと知りたい!
エクセル@まるわかり辞典
スポンサードリンク
エクセル@まるわかり辞典トップページエクセル関数INDEX関数
スポンサードリンク

エクセル関数

INDEX関数

セル範囲形式=INDEX(範囲,行番号,列番号,領域番号)

配列形式=INDEX(配列,行番号,列番号)

INDEX関数とは、指定した範囲から、行番号、列番号を決め、交わる部分を求める関数です。

INDEX関数には、セル範囲形式と配列形式があり、セル範囲形式では指定した行番号と列番号が交わる位置にあるセルの値、参照を返します。

配列形式では、行番号と列番号で指定したテーブルまたは配列の値を返します。

VLOOK関数は、検索値を検索してから、指定するセルのデータを出力しますが、INDEX関数は、行位置、列位置から、セルのデータを出力していきます。


スポンサードリンク
トラックバックURL
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
サイトご案内
【エクセル@まるわかり辞典】
-----------------------------
☆使える!と思った方は
ランキングへ!
エクセル@まるわかり辞典は、あなたのお役に立ちたいと願うブログです。あなたの1回のクリックで、もっともっと便利なブログに変わっていきます。

-----------------------------
☆運営ポリシー

エクセルが使いこなせればパソコンのおもしろさは、ぐんと拡がります。

エクセルを覚えたい方や
「こんなときどうすればいいんだっけ?」など
エクセルで困ったときでサポートできるサイトを目指しています。

お気に入りに入れて、どんどん活用してください!

My Yahoo!に追加

エクセル@まるわかり辞典

お気に入りに追加