エクセルをもっと知りたい!
エクセル@まるわかり辞典
スポンサードリンク
エクセル@まるわかり辞典トップページエクセルの使い方ファイルの保護【エクセルの使い方】
スポンサードリンク

エクセルの使い方

ファイルの保護【エクセルの使い方】

秘密のファイル、内容を改変されたくないファイルの保護するには、パスワードを設定しておきます。

エクセルのパスワードは、読み取りパスワードと書き込みパスワードの2種類があります。


・読み取りパスワードは、ファイルを開く際にバスワードを入力しないとファイルを開くことが出来ません。
・書き込みパスワードは、ファイルを開いて表示編集作業は出来ますが、上書き保存を行えない状態になります。元のファイルを変更されたくない場合に使用します。


読み取りパスワードを使う場合は、パスワードがわからないとファイルを開くことができなくなりますので、必ずパスワードをメモなどして、忘れないようにしましょう。

<ファイルのパスワードの設定方法>

「ファイル」「名前を付けて保存」を選択→「ツール」メニュー→「全般オプション」を選択。


「保存オプション」ダイアログボックスの「ファイル共有」グループの「読み取りパスワード」または、「書き込みパスワード」を入力して「OK」。


確認のために、「書き込みパスワード」あるいは「読み取りパスワード」を再度入力し「OK」ボタンを押す。

エクセル使い方


スポンサードリンク
トラックバックURL
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
サイトご案内
【エクセル@まるわかり辞典】
-----------------------------
☆使える!と思った方は
ランキングへ!
エクセル@まるわかり辞典は、あなたのお役に立ちたいと願うブログです。あなたの1回のクリックで、もっともっと便利なブログに変わっていきます。

-----------------------------
☆運営ポリシー

エクセルが使いこなせればパソコンのおもしろさは、ぐんと拡がります。

エクセルを覚えたい方や
「こんなときどうすればいいんだっけ?」など
エクセルで困ったときでサポートできるサイトを目指しています。

お気に入りに入れて、どんどん活用してください!

My Yahoo!に追加

エクセル@まるわかり辞典

お気に入りに追加