エクセルをもっと知りたい!
エクセル@まるわかり辞典
スポンサードリンク
エクセル@まるわかり辞典トップページエクセルでグラフエクセル グラフの作り方
スポンサードリンク

エクセルでグラフ

エクセル グラフの作り方

エクセルで最も簡単にグラフを作成するには、グラフにするセル範囲を選択後、[F11]キーを押すとグラフシートにグラフが自動で作成される方法があります。

「グラフウィザード グラフの種類」でグラフの種類を選択します。

  1. 「標準」タブを選択します。
  2. グラフの種類を選択。
  3. 形状を選択。
  4. [次へ]をクリックします。

「グラフウィザード  グラフの元データ」の設定

 「データ範囲」タブを選択します。

「グラフウィザード  グラフ オプション」の設定

 「タイトルとラベル」タブでタイトル等を入力します。

「グラフウィザード グラフの作成場所」の設定

  グラフを「新しいシート」に作成するか、今のシートに「オブジェクト」として作成するか選択します。

「完了」ボタンをクリックするとグラフが作成できます。


スポンサードリンク
トラックバックURL
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
サイトご案内
【エクセル@まるわかり辞典】
-----------------------------
☆使える!と思った方は
ランキングへ!
エクセル@まるわかり辞典は、あなたのお役に立ちたいと願うブログです。あなたの1回のクリックで、もっともっと便利なブログに変わっていきます。

-----------------------------
☆運営ポリシー

エクセルが使いこなせればパソコンのおもしろさは、ぐんと拡がります。

エクセルを覚えたい方や
「こんなときどうすればいいんだっけ?」など
エクセルで困ったときでサポートできるサイトを目指しています。

お気に入りに入れて、どんどん活用してください!

My Yahoo!に追加

エクセル@まるわかり辞典

お気に入りに追加